筋肉好きあるあるblog

ツイッターの筋肉好きあるあるbot(@musclearuaru)というアカウントの管理人です。 体や筋トレの話から日常、サプリ情報などだらだらと書いていきますが、暖かく見守って頂ければ嬉しいです。 https://twitter.com/musclearuaru

ツイッターの筋肉好きあるあるbot(@musclearuaru)というアカウントの管理人です。 体や筋トレの話から日常、趣味の話などだらだらと書いていきますが、暖かく見守って頂ければ嬉しいです。 https://twitter.com/musclearuaru

クレアチン

みなさんこんばんは(=゚ω゚)ノ
今回はマイプロテインの商品の中でも抜群にバルクアップに貢献する「ハリケーンXS」のストロベリークリーム味を紹介させて下さい。 今回の商品は凄いですよぉ~(^^)/
 
まあとりあえず画像いこう画像!
画像右奥のものです!

sdfgFullSizeRender
粉はこんな感じ↓ めちゃくちゃ良い香りがします。
あsdfgFullSizeRender
溶かすとこんな感じ↓
sdfbFullSizeRender



成分ですが、1回70g当たりタンパク質が34g、炭水化物21g、脂質が2.5gです。
そしてクレアチン(ブランド原末のクレアピュア®使用)5gとHMB1.5gが含まれています。
この2つの成分が含まれているところがミソで、クレアチンとHMBは一緒に摂ることで大きな相乗効果を生み出すという研究があります。


2001年の実験で、被験者を「クレアチンのみ」「HMBのみ」「クレアチン&HMB」の3つの群に分けて同じトレーニングをさせました。
すると クレアチンのみ群では筋肉量が0.92kg増、HMBのみ群は0.39kg増、クレアチン&HMB群では1.54kgの増加を見せました。

また、使用重量(確かレッグプレス)もクレアチンのみ群は39.1kg増、HMBのみ群は37.5kg増、クレアチン&HMB群では51.9kgの増加を見せました。


マイプロテイン公式サイトはこちら!(=゚ω゚)ノ



クレアチンがしっかりクレアピュア®ブランドのものを使用しているのがとても良いですよね~。
正直自分はクレアピュア®意外のものは使いません。
さらにこの商品には炭水化物も多いので、クレアチンの効果をさらに促進させることができますし、バルクアップにも最適ですなぁ~(*'▽')


そしてHMBですが、HMBは実は摂取方法が難しいのです。半減期が短く体の中で長時間持たないので、4時間毎ぐらいに500mg~1g程度をちょこちょこ摂っていく必要があります。
この難しい飲み方も、このハリケーンXSなら簡単に守れます。
この飲み方を守れていないのに「HMBはイマイチだった!」と思っている方が居たら、是非もう1度正しい飲み方でやってみてください(∩´∀`)∩

クレアチンも、一日5g~10g程度の摂取で十分なのでそれぐらいにしたいです。
これらの条件を全て満たす個人的におすすめな使用方法は、1回量の2スクープ70gでクレアチン5gとHMB1.5gなので、4時間おきぐらいにこのハリケーンXS1スクープ分(35g)を飲む方法です。

これでHMBも適量を適時に摂取でき、クレアチンの総合量も十分になります。





成分の話が長くなりましたが、肝心の味も美味しいです。 よく想像するいちごみるくっぽい味ですが、結構甘めの味付けでもあるので、バナナやチョコレートなどのプロテインと混ぜても美味しいかな?と思いました。   
単体で十分美味しいですけどね。この商品で体が成長するワクワクを感じながらしばらく過ごしたいと思いますw


素晴らしい商品ですので、是非こちらでご検討ください!マイプロテイン公式サイト!(=゚ω゚)ノ

 
現在カート画面で「APR10」ご入力で全品10%オフとなります!
是非ご検討くださいませ<m(__)m>





という事で、今回はハリケーンXSのレビューですた(`・ω・´)
有難うございました<m(__)m> 

今回はUSNのクレアチンモノハイドレートをご紹介したいと思います。
クレアチンには昨今色々な種類があり、クレアチンコンクリート、クレアチンHCL、クレアルカリン、クレアボルなど様々ありますが、一番ポピュラーで効果が十分証明されているのがこのクレアチンモノハイドレートです。
商品の画像はこちらです(ちょっとラベルが破れていてすみません・・・)
FullSizeRender
中身はこのように普通の白い粉で、匂いも味もありません。
 FullSizeRenderc

クレアチンはとても安価で効果を一番感じやすいサプリメントなので、とてもお薦めです。特にこの商品は安く、300gで800円ちょっとです。日本だと同じ量で3500円トカ・・・( ;∀;)

ここで生まれる疑問ですが、「値段が高いということは、日本の方が良いものなのではないか?」と思われるかもしれません。しかしこれは実は違って、原料が海外でしか取れないので日本で製品を作ろうと思うと海外から原料を取り寄せて日本で製品化する必要があり、その分値段が高くなってしまっているんです。海外だとその手間が少ない分安いという事で、原料自体は同じ場合が多いんですね。

クレアチンの飲み方についてよく聞かれるのですが。ローディングというのは4日から5日程毎日20g程度を4回に分けて飲み、それ以降は一日5g程度の摂取にする方法で、もう1つの方法としてローディングなしで毎日5gの摂取(2回に分けてもよい)を続ける方法があります。クレアチンというのは体の中のクレアチンを飽和させて初めて効果を発揮するものですので、前者の方法の方が早くクレアチンを飽和させられます。
また、一日5g程度の摂取であればずっと続けていても健康被害はないという意見が大半ですので、いわゆる「休止期」を設けるかどうかについては個人の判断ですが、休止させてまた飲み始めた時はやはり効果を実感しやすいですね。
ご購入はこちらから(=゚ω゚)ノ

クレアチンの効果は体のクレアチンレベルが満タンになってからですので、数日間20g摂取する方法をしていても効果を実感し始めるのは5日から1週間程度以降だと思います。
この商品はいわゆる普通のクレアチンモノハイドレートですので、効果は十分確立されているでしょう。
ご購入はこちらから(=゚ω゚)ノ


また、クレアチンはHMBとの併用でとても大きな効果を発揮するので、HMBと合わせて飲むのはとてもお薦めです!(=゚ω゚)ノ
HMBのご購入はこちらから! 


今回もとても良い商品でした(=゚ω゚)ノ 
サプリの購入はiherbがおすすめですので、是非見てみて下さい(=゚ω゚)ノ

有難うございました<m(__)m> 

クレアチンには様々な種類があります。
一般的にクレアチンと呼ばれているものはほとんど「クレアチンモノハイドレート」という種類のものを指しています。
これは一番一般的なクレアチンで、効果も十分に実証されています。 
欠点を挙げるとすれば「効果を感じるまでに時間が掛かる(いわゆるローディングと呼ばれる作業が必要)」とか「一日に何回も飲むのが面倒」とか「水にめちゃくちゃ溶けにくい」というようなことがあるかと思います。

特に前述のローディングと呼ばれる作業は、初心者の方はやり方を覚える必要がある上、 効果を発揮するまでに1週間程度掛かるので、クレアチンを買って「早く効果を実感したい!」と思っているトレーニーにとってはジレンマの時間になったりします。

そこで「ローディング不要!」と謳うクレアチンが世の中に色々出てきました。
まずクレアルカリン。 これは、確かにモノハイドレートよりは効果を実感するような感じはします。
しかし、「クレアルカリンは効果があってローディングも不要!」 という実験データを出したのはクレアルカリンを発売した会社で、しかもその後ゴタついて裁判沙汰になっている過去があります。
要は「本当にクレアルカリンが効果があるのか怪しい」という雰囲気です。

他にもクレアチンコンクリート、クレアチンナイトレート、クレアチンエチルエステルなど、様々あります。
しかし全て、まだ効果に疑問符が付いていたり、普通のモノハイドレートと変わらないという結果が出ていたり、どれもパッとしないような印象が、なくはありません。


その中で最近出てきた一番新しいクレアチンの種類が「クレアチンHCL(ハイドロクロライド)」です。
これは、クレアチンを塩酸と結合させたクレアチンです。胃酸の影響を受けにくいと言われています。(ただ通常のモノハイドレートも実は胃酸の影響はほぼ受けないのではないかという説もあり)
そして、通常のモノハイドレートは例えば5gを摂取しても体内で利用されるのは1.5g程度ですが、クレアチンHCLはほぼすべてのクレアチンが体内で利用されます。そしてめちゃくちゃ溶けやすい。
前述の通り、通常のモノハイドレートは効果を実感するまでに1週間程度掛かりますが、クレアチンHCLは飲んで30分もすれば効果を感じる事が出来ます。プレワークアウト的にトレーニング前に飲めばいいだけなので、非常に楽で分かりやすい。

そのクレアチンHCLの中でのお薦めは以下の商品。
クレアクターCon-cret Creatine HClcreactor
con-cret-all-e1357498751387


まず味がとても美味しく、溶けやすく、本当にストレス0です。
トレーニング中のワークアウトドリンクに溶かしても十分吸収されます。
両商品とも非常におすすめです(=゚ω゚)ノ

結論、今のところクレアチンを買うなら個人的にはモノハイドレートかHCLのどちらかが良いかなと思います。

iherbの「50ドル以上注文で全商品10%オフセール」が今日7月2日夜中2時までなので、円高&セールのこの機会にぜひご購入されてみてください!(#^^#)
カート画面の紹介コード欄に「Summer」とご入力頂くと割引が適用されます。 


iherbのリンク↓
http://jp.iherb.com/


当ブログ管理人はパーソナルトレーナーをしています。全くの初心者だけど筋トレ、ダイエットを教えて欲しい、あるいは既にトレーニングしているけどさらに成果を出したい、そのような方は是非ツイッターやコメントでご用命ください。スカイプでの座学指導もしております。
 
本日も有難うございました<m(__)m> 

クレアチンとHMB。
この2つに関する質問はよく頂きます。
クレアチンとHMBのどちらかしか飲んでいないという方、もしくはどちらも飲まれていない方は、とてももったいない事をしていると思います。 なぜならこの2つは同時に摂取する事によって大きな相乗効果を発揮すると言われているからです。


HMBとは「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」という物質の事で、BCAAの1つ「ロイシン」が体内で代謝されて生成される物質で、一日3g程度摂取できると良いと言われています。
ただし、HMBを1g生成する為には20gのロイシンが必要だと言われています。ということは3gのHMB生成の為には60gのロイシン・・・う~んちょっときついですね。
そこで「じゃあ最初からHMBになってるやつを3g摂取すればいいんじゃないの?」という事になります。


色々なパターンで実験したデータがあります。 2001年の実験で、被験者を「クレアチンのみ」「HMBのみ」「クレアチン&HMB」の3つの群に分けて同じトレーニングをさせました。すると クレアチンのみ群では筋肉量が0.92kg増、HMBのみ群は0.39kg増、クレアチン&HMB群では1.54kgの増加を見せました。

また、使用重量もクレアチンのみ群は39.1kg増、HMBのみ群は37.5kg増、クレアチン&HMB群では51.9kgの増加を見せました。

そして、このHMBと共にアルギニングルタミンを摂取する事で増加幅がさらに大きくなるという実験もあります(8週間で2.5kgの筋量増加)
 
いずれの実験もHMBの摂取量は一日3gでした。 
では、もっとHMBを摂ればもっと大きな効果が得られるのではないか?
そう考え、一日6gのHMBを摂取させてみました。するとなんと、6gの場合では筋肉が減りました。
これは何故なのかは、未だに解決を見ていないようです。


しかし、3g程度摂取の場合では筋肉に好影響があるのは事実です。
HMBにはミオスタチンによる筋量減少を阻止する、というデータもあるので、色々な意味で効果が期待できそうです。

よく「HMBは初心者にしか効果が無いのではないか?」という声も聞かれますが、自分の体感ではクレアチン&HMBの併用で明らかな重量アップなどの効果を感じる事が出来ました。私が初心者なのかもしれませんが(笑)

クレアチンは、一般的なモノハイドレートの中ではこの商品が一番効果を感じました。
http://jp.iherb.com/Universal-Nutrition-Creatine-500-g/31039

HMBはこれでした。
http://jp.iherb.com/Optimum-Nutrition-HMB-1000-Caps-90-Capsules/30185
 

iherbのセールが7月2日までですので、円高&セールのこの機会にぜひご購入してみてください(=゚ω゚)ノ


iherbのリンク↓ 
http://jp.iherb.com/

本日も有難うございました<m(__)m>

↑このページのトップヘ