クレアチンとHMB。
この2つに関する質問はよく頂きます。
クレアチンとHMBのどちらかしか飲んでいないという方、もしくはどちらも飲まれていない方は、とてももったいない事をしていると思います。 なぜならこの2つは同時に摂取する事によって大きな相乗効果を発揮すると言われているからです。


HMBとは「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」という物質の事で、BCAAの1つ「ロイシン」が体内で代謝されて生成される物質で、一日3g程度摂取できると良いと言われています。
ただし、HMBを1g生成する為には20gのロイシンが必要だと言われています。ということは3gのHMB生成の為には60gのロイシン・・・う~んちょっときついですね。
そこで「じゃあ最初からHMBになってるやつを3g摂取すればいいんじゃないの?」という事になります。


色々なパターンで実験したデータがあります。 2001年の実験で、被験者を「クレアチンのみ」「HMBのみ」「クレアチン&HMB」の3つの群に分けて同じトレーニングをさせました。すると クレアチンのみ群では筋肉量が0.92kg増、HMBのみ群は0.39kg増、クレアチン&HMB群では1.54kgの増加を見せました。

また、使用重量もクレアチンのみ群は39.1kg増、HMBのみ群は37.5kg増、クレアチン&HMB群では51.9kgの増加を見せました。

そして、このHMBと共にアルギニングルタミンを摂取する事で増加幅がさらに大きくなるという実験もあります(8週間で2.5kgの筋量増加)
 
いずれの実験もHMBの摂取量は一日3gでした。 
では、もっとHMBを摂ればもっと大きな効果が得られるのではないか?
そう考え、一日6gのHMBを摂取させてみました。するとなんと、6gの場合では筋肉が減りました。
これは何故なのかは、未だに解決を見ていないようです。


しかし、3g程度摂取の場合では筋肉に好影響があるのは事実です。
HMBにはミオスタチンによる筋量減少を阻止する、というデータもあるので、色々な意味で効果が期待できそうです。

よく「HMBは初心者にしか効果が無いのではないか?」という声も聞かれますが、自分の体感ではクレアチン&HMBの併用で明らかな重量アップなどの効果を感じる事が出来ました。私が初心者なのかもしれませんが(笑)

クレアチンは、一般的なモノハイドレートの中ではこの商品が一番効果を感じました。
http://jp.iherb.com/Universal-Nutrition-Creatine-500-g/31039

HMBはこれでした。
http://jp.iherb.com/Optimum-Nutrition-HMB-1000-Caps-90-Capsules/30185
 

iherbのセールが7月2日までですので、円高&セールのこの機会にぜひご購入してみてください(=゚ω゚)ノ


iherbのリンク↓ 
http://jp.iherb.com/

本日も有難うございました<m(__)m>