筋肉好きあるあるblog

ツイッターの筋肉好きあるあるbot(@musclearuaru)というアカウントの管理人です。 体や筋トレの話から日常、サプリ情報などだらだらと書いていきますが、暖かく見守って頂ければ嬉しいです。 https://twitter.com/musclearuaru

ツイッターの筋肉好きあるあるbot(@musclearuaru)というアカウントの管理人です。 体や筋トレの話から日常、趣味の話などだらだらと書いていきますが、暖かく見守って頂ければ嬉しいです。 https://twitter.com/musclearuaru

みなさんこんにちは(*´ω`*)   今日はマイプロテインから発売されているプロテインウォーターを全種類飲み比べてみます(`・ω・´)


まず画像(^^)/

IMG_1898
11215216-6014434748770921
(↑ミックスベリー味だけ公式画像載ですけどマジでちゃんと飲んでます)


まずこのプロテインウォーターは1つ500mlでタンパク質15g、カロリーは61㎉です。
驚いたのは、全体の傾向として「酸味がある」方向だったことです。マイプロテイン的には甘い方向かなと思ったので意表を突かれました。 それから全部微炭酸です(某MA○CHよりもさらに微炭酸)

まあ基本全部おいしかったんですが、各味のレビューを下記に↓



レモン&ライム味。
美味しい。結構酸っぱい。味としてはポッカレモンに近いけど、酸っぱさはそれの半分ぐらいかなと。
恐らく誰が飲んでもまずいという事はない。ぱっとレモン&ライムと聞いて想像するイメージ通りの味。


ミックスベリー味
アセロラジュースに近い味。ただそこにヨーグルトの風味が少しだけ加わった雰囲気。酸味もある。


パイナップル味。
めちゃくちゃ美味しい。普通のパイナップルジュース。マジで美味しい。あまりそれ以上書くことは無しw


アップル&ブラックカラント味(カラントとは酸味のある種無し干しブドウの事)
かなり美味しい。個人的にはパイナップルと同等レベル。味はまたまたアセロラジュースにかなり近い。ただミックスベリーの用にヨーグルトの雰囲気はない。市販のアセロラジュースより3%ぐらい酸っぱくて微炭酸な感じw




こんな感じです(*´ω`*)
全ての味が美味しくて、全部日本人好みな感じです。よくある海外っぽい味ではなかったので、どれを買ってもまずいということはないと思われます。
個人的にはパイナップルと、アップル&ブラックカラントが大変美味でした。
冒頭にも書きましたが全ての味に共通して酸味が少しある方向で、甘甘ジュースではないですね。
1本65㎉というのも非常に優れた数値だと思いました。 
現在12本入りで3188円です→
商品ページを見る



また現在マイプロテインでは「KAMIセール」やってます→マイプロテイン公式サイト
EAAとBCAA非常に安くなってます→EAA BCAA
プロテインウォーターも是非ご検討してみてはいかがでしょうか( ^)o(^ )


今回も有難うございましたm(_ _)m

みなさんこんにちは(#^^#)
今日はマイプロテインのアパレル商品、「プロテックヘビーウェイトパファー」と「スーパーライトジップ式パーカー」をレビューしたいと思います。
(現在全品30%オフセール中のマイプロテインはこちらをクリック)

まずはPRO-TECH HEAVYWEIGHT PUFFERから!(^^)/
11426632-1364515949107909
11426637-1924515948674559

IMG_1824
IMG_1825
出た、全身マイプロテイン奴。 しかしマイプロテインのモデルとの格差が半端ない。
162㎝70kgぐらいでLサイズを購入しましたが、丈が少しだけ長かったかも知れません。ただトレーニーあるあるですが腕周りなんかは丁度良いぐらいです(笑)
マイプロテインのモデルさんの画像を見ると私と同じぐらいの長さで着てるので、このぐらいで着るものなのかも知れません。

 
で、この服自体の評価ですが、結論から言うと星5つですね。というか6つぐらいと言いたいところなんですが。
(この記事とは違って)とにかく生地が素晴らしい。
おそらく羽毛(説明には80%ダックダウン20%フェザーと記載されてます)で出来ていて、マジでとっっっっても質感が良いです。サラサラ&フワフワです。この質感は半端ないですね。

フードもありますし中の赤色がかなり鮮やかでオシャレだと思います。大人っぽい感じですよね。 

ただそれ故にお値段はちょっとお高めの11440円(現在のセール利用で8008円)となってます。
一応現在のセールで8008円なので、値段以上の価値が必ずあると思います→同商品のページはこちら




さて次のスーパーライトジップ式パーカー。

11426553-1484528933975227
IMG_1826
IMG_1829
また出た、全身マイプロテイン奴。
これは秋や春先に丁度良い厚さだと思います。 
同じくLサイズを注文しました。今現在丁度良い感じだと感じましたが、我々の感じからしてたぶん来年は着れないですねw   値段は現在3213円で、かなり安くなってます。値段帯が先程の商品とは異なるので、生地は普通にポリエステル60%、コットン35%、ポリウレタン5%となってます。

マイプロテインの服はデザインがおしゃれですし機能性にも優れてますので、これで
カイ・グリーン風トレーニングも出来ますね。
カラーバリエーションも色々あります。
同商品はこちらです



珍しく今回は服を注文してみましたが、2つとも大変良い買い物でした。
ネットで服を買うと「想像と違った」というのが怖いですが、今のところマイプロテインの服でそう思ったことは無いのでそれはこれからの安心感に繋がってます。
寒くなってきたので、このセール中に是非ご検討してみてはいかがでしょうか(*´ω`*)

有難うございました、では、また(#^.^#)

みなさんこんにちはm(_ _)m      最近はいかがお過ごしでしょうか(*´ω`*)
今日はトレーニー最大の謎「筋肉痛」について書いていきたいと思います(あくまで書いていくだけで結論は今日でも出てないのでありません笑)


まず、筋肉痛には大まかに下記の2種類があります。
「急性的筋痛」・・・運動中あるいは運動直後に起こる痛みや不快感。
「遅発性筋痛」・・・いわゆる一般的な筋肉痛で、運動の1~3日後に発生。DOMSと表現されます。


筋肉痛の原因としてこれまで様々な仮説が立てられてきました。
筋肉痛はそれらの中の1つか、あるいはいくつかの要因が重なり合って発生している物だと考えられています。
その仮説達をこれからご紹介させて頂きます。


まず最初に「筋肉痛の原因は乳酸説」がありました。
残念なことにこの説にはすぐさま疑問符がつきました。乳酸というのは運動中や運動直後に増加します。即ち、乳酸がDOMSの原因なら運動直後などに痛みのピークが来ないとおかしいと考えられます。しかし実際にはそうなっていません。
ということで、乳酸の蓄積は前述の急性的筋肉痛の原因とはなる可能性があるが、DOMSの原因とはならないのでは?と位置付けられました。

ここで1つ興味深い実験結果を。
ランニングマシンでの実験で、下り坂をつけた場合と平面の場合の2つで一定速度で走ってみた。
2つの場合の乳酸の蓄積度合いと酸素消費量を計測すると、2つとも下り坂の方が低かった。
しかし、DOMSの発生度合いは下り坂の方が高かったのです。
筋肉痛はエキセントリックな刺激で発生しやすい、とよく言われます。
下り坂でのランニングは平面でのそれよりもエキセントリック刺激が多いですので、それを示す結果となりました。興味深いのは乳酸の蓄積度合いと酸素消費量は下り坂の方が低かった点。このことからも、乳酸がDOMSとの関係が薄いことが示唆されました。




「筋痙攣が筋肉痛の原因説」
これは、筋肉が活動しているとその部分が虚血(←貧血的な)し、それにより発痛物質が生成されるのでは?という説。 この発痛物質が多く蓄積され、あるレベルに達すると痛点を刺激するのではないか?というものです。
DeVriesは、激しい筋肉痛を起こしている被験者の筋放電量を調べると異常に高い値が測定されたという報告をしていますが、同時に筋放電量は痛みの知覚とは関係ないという報告もあるので何とも言えないところ。



「結合組織の損傷説」
ここでの結合組織というのは関節などではなく、筋内を取り囲む筋内膜、筋周膜、筋外膜などを指します。
驚くべきことに大昔の1902年にHoughが「筋肉痛は筋内で発生する機械的張力に強く関係しているのでは? また、筋肉痛は筋内の断裂が原因ではないか?その断裂が強く起こっているのは結合組織であ~る」という指摘をしています。
エキセントリックな活動で筋肉痛が起こりやすい理由の1つとして、筋肉が同じ量当たりで発生させる張力はポジティブ状態よりもネガティブ状態の方が大きく、そちらの方が前述の機械的張力がより強く働くから、という理由もあります。



「筋肉痛の原因は筋ダメージ説」
筋肉痛は筋内部で発生したある種の損傷に起因するというもの。
エキセントリックな筋活動はこの筋内部へ与えるダメージが他のどの種類の運動よりも強いことを示す研究があり、Fridenらは、階段を連続で駆け下りる運動をした際に筋肉のZ線において分裂と流動による筋原繊維の損傷が起こっていることを初めて発見しました(Z線は下記画像をご参照下さい。)

ai
また、筋肉のダメージを示す値として「CK」があります。健康診断でも出る値ですね。これはほとんど筋肉内にしか存在しない酵素を指標とするので、筋肉以外の要素に影響されません。
しかしまた不思議な事に、CKのピークと筋肉痛発現のピークタイミングは全くシンクロしていないのです。これは次の項目でも同様の事が確認されており、研究者を悩ませる要因の1つです。



「筋肉痛の原因は炎症説」
筋肉をオーバーユースした後に筋肉を顕微鏡で見てみると、炎症反応から徐々に再生していこうとする特異的パターンを示していたとの報告があります。
Hagermanらは、10名のマラソンランナーを対象にマラソン終了後の筋肉を顕微鏡で調査しました。
ここでまた「筋肉痛の原因は筋ダメージ説」の項と関連付けられることが発見されました。
炎症の反応はマラソン直後から確認出来たにも関わらず、明確な筋肉痛はマラソン直後には訪れていなかったのです。これは私達トレーニーでもよく体感することでしょう。
Hagermanらは、炎症反応が一定のレベルに達した時点で神経終末が痛みに反応するのでは?と結論付けました。




「筋肉痛は浮腫が原因説」
これは炎症などは関係なく、早読みするとおそらくパンプアップが原因なのではないかという説です。
Bobbertらは、エキセントリックな下腿三頭筋のエクササイズを行った後、同部位の周囲径が増えた度合いが、筋肉痛と関係していたと報告しています。




筋肉痛を裏付ける仮説には様々なものがあり、まだはっきりとは分かっていないところです。
どの世界でも「単純な事ほどわからない」というのは往々にしてありますね。
色々な仮説を紹介してみましたが、皆様はどれが正しいと思いますでしょうか。
今回もご覧頂きまして本当にありがとうございましたm(_ _)m



参考文献:http://www.nsca-japan.or.jp/22_member/database/backnumber/vol_7/7(2)/7(2)18-21.pdf

↑このページのトップヘ